取扱業務・費用

債務整理

債務整理について

債務整理とは、借金を見直し、法的に整理をすることです。
弁護士が代わって債権者と交渉をすることで、借金の総額を減らせたり、支払いの負担を軽減できる可能性があります。

弁護士が代理人となって債務整理の手続きを進めることで、債権者からの直接の督促を止めることができ、将来への不安が軽減されます。

弁護士法人FLATは、債務問題の適切な解決に向けて全面的にサポートいたします。
ご状況によって、最適な解決方法をご提案いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

債務整理の方法は「任意整理」「自己破産」「個人再生」「過払い金返還請求」の4種類があります。

任意整理 裁判所を通さずに、債務者と債権者の間で利息や毎月の支払いを減らしてもらえるように交渉し、借金を減額すること。
自己破産 裁判所に「破産申立書」を提出し「免責許可」をもらい、全ての借金の負担をゼロにする手続きのこと。
個人再生 裁判所を通じて債務を減額すること。裁判所に提出した再生計画が認可されると、原則として債務が5分の1(最低100万円)に減額され、減額された債務を、3~5年で支払っていくことになります。
過払い金返還請求 消費者金融や信販会社に対して支払い過ぎた利息分の返還を請求すること。

弁護士報酬基準

※下記はすべて消費税抜きの表示です

法律相談

法律相談
無料

任意整理(及び時効の援用)

着手金
債権者1社あたり 39,800円
(完済過払いの請求の場合は0円)
報酬金
債権者1社あたり 19,800円
減額報酬
減額分の10%
過払い報酬
返還額の20%
(訴訟の場合は25%)
事務手数料
一律30,000円

自己破産・個人再生(個人に限る。法人の場合は応相談)

着手金
300,000円~
  • 事案の内容によっては着手金が増減します。
  • 管財人等の費用(破産予納金)、裁判所手数料等の実費は別途ご負担いただきます。
  • 遠方の裁判所の場合、別途交通費・日当が発生いたします。
報酬金
200,000円~
  • 事案の内容によっては報酬金が増減します。
  • 管財人等の費用(破産予納金)、裁判所手数料等の実費は別途ご負担いただきます。
  • 遠方の裁判所の場合、別途交通費・日当が発生いたします。

その他のご相談に関する弁護士費用につきましては、それぞれご相談の上決定させていただきます。
すべての事件につきまして、業務が1年以上の長期にわたるときは、別途、追加の着手金をお支払いいただくことがあります。