交通事故被害者のトラブル解決に特化したサポート 弁護士法人FLAT 交通事故に強い弁護士が、被害者のパートナーとして、賠償金・後遺障害などの問題解決をバックアップいたします。

電話で無料相談 24時間365日受付

0120-109-021

WEBで無料相談 24時間365日受付

FLATの特長

交通事故のトラブルでお悩みの方を
トータルにサポート

私たちは交通事故のトラブルにおける数多くの事案を解決してまいりましたので、事故被害者の方が必要とする様々なサポートを迅速に提供することができます。

事実関係の争いや各種調査、保険会社や加害者との交渉など、それらすべてを当事務所の弁護士に任せることで、ご自身が抱える労力やストレスなどの負担を大幅に減らすことができます。
また、当事務所の事故トラブルに強い弁護士が示談交渉を行うので、適切な賠償金を請求することができ、保険会社からの提示額よりも賠償金が増額する可能性が高くなります。

交通事故のトラブルでお悩みの方は、ぜひ当事務所の無料相談へご連絡ください。

※物損事故、交通事故加害者の方からのご相談はお受けしておりません。ご了承ください。

何度でもご相談は無料、
着手金も無料
何度でも無料でご相談をお受けいたします。お一人、ご家族だけで悩まずに、当事務所へご相談ください。なお、着手金も無料です。
安心の全国対応、
24時間365日受付
全国エリアに対応しており、土日祝日を含め、いつでもご相談をお受けしております。お忙しい方でもご都合に合わせてご相談ください。
弁護士だからできる
完全成功報酬制
被害総額の上限に関係なく、法律相談や保険会社との交渉などを弁護士が行います。費用は後払い可能な完全成功報酬です。
弁護士費用特約が
利用できます
弁護士費用が高くてなかなか相談できないという方でも、弁護士費用特約を使えば、弁護士費用の負担をゼロにすることが可能です。

解決までの流れ

弁護士法人FLATでは、事故直後から適正な
示談金や
損害賠償金での解決まで、
フルサポートが可能

事故発生

  • まずケガ人の確認をしましょう
  • 警察への届け出(ケガをしている場合「人身事故」として処理されているか確認)
  • 事故相手の確認をしておきます

治療・通院

  • 治療費請求や後遺障害認定なども考慮して慎重に治療をしましょう
  • 保険会社との対応も増えるので、ここが弁護士へ相談する良いタイミングです

症状固定

  • このまま治療を続けても症状が良くならないような状態を症状固定といいます
  • 症状固定前に、加害者保険会社から治療費の打ち切りを交渉される場合があります
  • ある程度の知識が必要になるので交渉は弁護士に任せた方が良いでしょう

後遺障害の等級認定

  • 症状や痛みが症状固定後に残ってしまった場合は後遺障害の等級認定を受けましょう
  • 示談金や損害賠償金に大きく影響しますので弁護士に相談しましょう
  • 認定結果に納得がいかない場合は、等級見直しの異議申し立てをすることができます

加害者保険会社との示談交渉

  • 保険会社が提示する金額は裁判所基準(裁判所で認められている支払基準)よりもかなり低い場合が多いです
  • 一度示談してしまうとやり直しがききませんので、適正な賠償を受けるためにも、弁護士に相談しましょう

解決

  • 示談や和解の成立です

解決事例

「提出可能な証拠を最大限に活用、
増額に成功」

ご依頼者さま:60代

車の運転中、脇道から出てきた車に追突されてしまったAさん。定年間際だったAさんは、定年以降の勤務先も決まっていましたが、定年後の賃金予定表を提出できなかったため、逸失利益(本来得られるはずだった利益)が認められませんでした。後日保険会社から提案された示談金が少なく納得がいかなかったAさんは、弁護士に相談。「裁判は避けたい」というAさんの意向により、一部相手の主張を受け入れたものの、逸失利益以外は減額がないよう交渉、増額に成功しました。

提示金額:1,300万円 → 交渉 → 示談額:1,900万円

「働けるはずだった期間や損害を
正しく立証、慰謝料を2倍に」

ご依頼者さま:50代

青信号の横断歩道を歩行中に、車に轢かれてしまったBさん。加害者側の過失が100%であるにもかかわらず、保険会社から提示された金額は予想よりも少ないものでした。
不満に思ったBさんは弁護士に相談。後遺障害に異議申し立てはしませんでしたが、事故に遭わなければ働けるはずだった損害について正しく立証。働けるはずだった期間を倍に延長し、主婦休業損害を認定。入通院慰謝料や後遺障害慰謝料も2倍にすることに成功しました。

提示金額:540万円 → 交渉 → 示談額:940万円

「自身で後遺障害の被害者請求をしたところ、認められなかったが…」

ご依頼者さま:30代

自転車を運転していたところ、自動車に衝突されしまったAさん。自身で後遺障害の被害者請求をしたところ、非該当の結果が出たため、自分で異議申立をしたものの、再び非該当の結果となってしまいました。その結果に納得できなかったため、事故から約2年後に、弁護士に依頼しました。事情により、医師の再診察が受けられなかったため、本人が被害者請求をした際と同じ資料のみに基づいて、弁護士が異議申立書を作成して提出したところ、後遺障害について14級9号該当と認定され、後遺障害慰謝料として70万円を受領することができました。

提示金額:0円 → 交渉 → 示談額:70万円

弁護士費用

弁護士費用特約が保険に付いていない方

相談料:0円 無料

着手金:0円 無料

成功報酬 20万円+賠償額の10%(税別)

ご相談およびご依頼は、全国に対応しております。ご事情により出張面談も可能です。なお、実費(出張面談費用など)については、場合によっては発生することがございます。事案によっては着手金が発生する場合もございます。詳しくはお問い合わせください。

  • ※弁護士費用特約に加入している方は、その保険から着手金等を頂く形となりますので、詳しくはお問い合わせください。
  • ※物損事故、交通事故加害者の方からのご相談はお受けしておりません。ご了承ください。

弁護士費用特約を利用した場合 最大300万円まで保険会社が負担 ※実質0円の場合があります。

  • ※訴訟となった場合の費用は別途必要になります。

弁護士費用特約を知っていますか?弁護士費用を保険会社に負担してもらえます。

弁護士費用特約が保険に付いている方

着手金
経済的利益の額 着手金額(税別)
125万円以下の場合 10万円
125万円を超え
300万円以下の場合
8%
300万円を超え
3000万円以下の場合
5%+9万円
3000万円を超え
3億円以下の場合
3%+69万円
3億円を超える場合 2%+369万
報酬金
経済的利益の額 報酬金額(税別)
125万円以下の場合 20万円
125万円を超え
300万円以下の場合
16%
300万円を超え
3000万円以下の場合
10%+18万円
3000万円を超え
3億円以下の場合
6%+138万円
3億円を超える場合 4%+738万円
弁護士費用特約とは?

弁護士費用特約とは、交通事故の被害者の方が損害賠償請求を弁護士に依頼した場合に発生する、弁護士費用を補償する特約です。

交通事故の被害にあってしまったとき、弁護士費用が無くても、弁護士に依頼して加害者の保険会社へ損害賠償請求(示談交渉・訴訟等)ができるようになります。

なお、この特約を使用しても等級が下がったり保険料が上がることはありません。

  • ※各保険会社により、特約の名称や保証される内容が異なる場合がございますので、ご自身のご契約内容や約款をご確認いただき、ご相談ください。
  • ※ご自身が加入している保険に弁護士費用特約がついていなくても、ご家族が加入されている保険で、特約を受けられるケースがございます。ご家族の保険も併せてご確認されることをお勧めします。

弁護士紹介

私たちは交通事故に遭われた多くの被害者の方々
に寄り添い、
「ご依頼者さまに信頼される
パートナー」でありたい、という考えのもと、
最後までご依頼者さまの身近な存在でいることを
心掛けております

代表弁護士
平林 真一 弁護士

所属:
東京弁護士会(登録番号:35542)
経歴:
2004年 3月 日本大学法学部 卒業
2005年11月 司法試験 合格
2007年 9月 弁護士登録
2013年 1月 フェア&スクエア法律事務所 設立
2014年 6月 法人化し、弁護士法人F&S 設立
2014年 8月 弁護士法人・響と合併

高関 雅英 弁護士

所属:
東京弁護士会(登録番号:41994)
法教育センター運営委員会
経歴:
2004年 3月 日本大学法学部 卒業
2006年 3月 明治大学法科大学院 修了
2008年 9月 司法試験 合格
2010年 8月 東京弁護士会 入会
2010年 8月 一般企業 勤務
2011年 3月 都内の法律事務所 入所
2014年 5月 フェア&スクエア法律事務所 入所
2014年 6月 弁護士法人F&S 入所(法人化)
2014年 8月 弁護士法人・響 入所(合併)

佐々木 輝 弁護士

所属:
第二東京弁護士会(登録番号:49753)
司法修習委員会、法科大学院支援委員会
日本大学法学部司法科研究室 指導員
税務大学校講師
経歴:
2009年 3月 早稲田大学社会科学部 卒業
2011年 3月 日本大学法科大学院 修了
2012年 9月 司法試験 合格
2014年 1月 第二東京弁護士会 入会
      フェア&スクエア法律事務所 入所
2014年 6月 弁護士法人F&S 入所(法人化)
2014年 8月 弁護士法人・響 入所(合併)

小沼 千夏 弁護士

所属:
東京弁護士会(登録番号:49841)
性の平等に関する委員会
若手会員総合支援センター
経歴:
2008年 3月 早稲田大学法学部 卒業
2011年 3月 関東学院大学法科大学院 修了
2012年 9月 司法試験 合格
2014年 1月 東京弁護士会 入会
      都内法律事務所 入所
2015年 6月 弁護士法人・響 入所
書籍:
『セクシュアル・マイノリティの法律相談~LGBTを含む多様な性的指向・性自認の法的問題』
東京弁護士会性の平等に関する委員会セクシュアル・マイノリティプロジェクトチーム
発行:株式会社ぎょうせい
※執筆者の1人として参加

事務所概要

ご挨拶

私は、不当な差別や不条理がない社会を目指し、弁護士になることを決意しました。社会では、本来守られるべき正当な利益すらも守られずに不当な扱いを受けるケースも多く、このような人の手助けをしたい、この弁護士という世界で少しでも正当な利益を守っていきたいと思い、弁護士を志しました。

私たちは、すべてのご依頼者様、顧問先様、従業員その他関係者のみなさまが、笑顔で暮らせて、不公平さを感じさせないよう努力していく所存です。

この社会は不公平なことが多々ありますが、少しでもそのようなことが減らせるよう微力ながら尽力していきたいと思っています。どのような悩みでもかまいませんので、法的な解決が必要なことがありましたら、私たちにご相談頂ければと思います。

みなさまの身近な法律家となれるよう、今後も努力していく所存ですので、どうかよろしくお願い申し上げます。

代表弁護士 平林 真一

事務所名:
弁護士法人FLAT(フラット)
代表弁護士:
平林 真一
所在地:
〒 102-0074
東京都千代田区九段南3丁目5−7
エミナンス九段 5F
市ヶ谷駅から10分 
九段下駅から12分
代表電話番号:
03-3222-8720
FAX番号:
03-3222-8721

お問い合わせ

ご相談は何度でも無料でお受けしております。
全国対応、24時間365日受付(土日祝日もOK)

お電話でのお問い合わせ【通話無料】

0120-109-021

メールでのお問い合わせ

※お預かりした個人情報は、個人情報保護方針に従い、該当する用途以外には一切使用いたしませんので、ご安心ください。

※お問い合わせの際は「プライバシーポリシー」をご一読ください。

お名前

お名前(かな)

年齢

お電話番号(携帯可)

E-mail

お住まいの都道府県

面談の希望方法

第一面談希望日時

第二面談希望日時

第三面談希望日時

事故の詳細

・事故のあった日時/場所
・弁護士費用特約の有無
・加害者保険会社名
・ケガの部位/症状
・事故態様
 など

お問い合わせ内容